小林みどりについて

“ありのままの素材”を活かす、商品開発の専門家

「とびっきり」の商品監修は、多数の企業の商品開発に携わってきた商品開発のスペシャリスト 小林 みどりさんが担当しています。
目利きのプロが選定基準を丁寧にチェックし、皆様に安心・安全な「とびっきり」をお届けします。

PROFILE

プロフィール

商品開発歴35年以上

自身の経営する焼き菓子Picassolを始め、素材を活かした商品開発を35年以上行い続けている

100品を超える実績

商品選定の原料チェックが厳しい小売店へも数多くの商品を送り込んでおり、その数は100品を超える

全国から依頼多数

商品開発の専門家として全国を飛び回り、その地の特徴や文化、素材を最大限に生かした商品開発に定評がある

略歴Career

1963年 新潟県上越市に生まれる
1981年 高校卒業後上京し、㈱はとバス入社
結婚を機に退職し、専業主婦となるも、当時の「安くて簡単、日持ちする食材」が日本の食を支えていることに疑問を持ち、新潟では当たり前だった取れたての野菜、魚、米をシンプルに食べるという母の食を再現すべく、㈱はとバスを退社

1985年
“ありのままの素材’’を大切に考える 美味しくて安全な焼き菓子店 ㈱ピカソル創業

商品開発実績Works

自社開発商品:サヴォア、シフォンケーキ、砂糖不使用のケーキ
自社店舗の他、以下のお店でもお取り扱いいただいてきました。
 ㈱明治屋
 ㈱キャメル珈琲
 ㈱ジェイアールフードビジネス ファイブクロスティーズコーヒー
 ㈱ナチュラルハウス
 ㈱ローソン ギフトセット
 ㈱紀ノ国屋
 ㈱ザ・ガーデン自由が丘
 ㈱クイーンズ伊勢丹
 リゾナーレ小淵沢他
監修:KALDIの菓子

INTERVIEW

インタビュー

とびっきりを始めたきっかけを教えてください

私の食生活の原点は母の手づくりごはんにあります。それは決して特別なものではありませんが、採れたての野菜、魚、お米を化学調味料を加えず丁寧に作ってくれました。これが私の“あたりまえご飯”。

今の食生活は多様化していますが、こうした私の“あたりまえご飯”をおすそわけしたい気持ちになり、この「とびっきり」という言葉に託そうと思います。
日本中の「とびっきり」をご紹介しますので、ぜひ皆さまオリジナルの「とびっきり」を作っていただきたいです。

普段、商品を選ぶときのこだわりはありますか?

作り手の顔が見えるものを選んでいます。本来の素材の味をつないだだけのシンプルなもの、つまり、体に優しい商品を選んでいます。

現在の活動・興味があることなどを教えてください

私は、仕事とプライベートのバランスを大切にしています。

朝4時半に起き7時くらいからピカソル代官山店で製造をし、営業、ミーティングに出かけます。16時くらいからはボクシングジムで汗を流し、その日の体調を見ながら夕食のメニューを考え、料理をして素材の味をゆっくり味わって食べる。遅い時間の食事は体に良くないので、食べる時間には気を遣っています。、落ち着いてから企画を考えると、良いアイデアが浮かびます。

こうした毎日の生活の中から新たな発見や気づきが生まれ、新たな興味に繋がっています。今は商品開発とボクシングの時間がとても楽しいです。

商品がありません。